東京歯科大学水道橋病院・帝京大学病院(板橋)・日本歯科大学(板橋)・東京都豊島病院・東京都老人医療センター・東京都大塚病院
="治療中心から予防中心へ厚生労働省基本方針に基づいた治療"

治療中心から予防中心へ

厚生労働省基本方針に基づいた治療

痛くなったら歯医者に行って、治療する。
その様に過ごしてきた方が多いのではないかと思います。
しかし、これを繰り返していると、いずれ歯を失ってしまう可能性があります。
大切なのは、治療の原因を予防することです。

厚生労働省では、治療の必要が出てくる前に予防することを推奨しております。
富士見歯科医院でも、予防歯科に力を入れ、患者様に積極的に勧めてまいります。

「フッ素」塗布による予防歯科(保険適用)

少し前までは、「フッ素」などの治療は、保険適用外でしたが今では保険適用で治療が出来ます。
フッ素塗布とは、高濃度のフッ素を歯に塗布し、再石灰化を促進することで、虫歯を予防する治療です。

歯医者で使用されるフッ素は、医療機関でしか取り扱うことができない高濃度なものになっております。
フッ素は、歯を覆うエナメル質を酸に溶けにくい性質に変えることができ、細菌への対抗力を高めることが可能です。

「フッ素」塗布による予防歯科(保険適用)

オーラルフレイルを予防して健康で長生き

「オーラル」は「口腔」、「フレイル」は「虚弱」という意味で、「オーラルフレイル」とは口腔機能の衰えが全身の老化につながる、という考え方です。

お口の機能そのものが弱くなると、風邪で誤嚥性肺炎などを引き起こしやすくなったり、糖尿病、アルツハイマーなど様々な病気と強く関連しており、寿命と相関関係にあるとされております。

厚生省の発表では機能低下は50歳代から始まっていると言われており、早期発見、早期治療が大切です。
簡単なチェック項目を確認することで、富士見歯科医院でも調べることができます。
まずは、お気軽にご来院くださいませ。

「フッ素」塗布による予防歯科(保険適用)
はじめての方はこちら。
求人案内はこちら。
富士見歯科院長 活動報告
【2018年9月12日】
歯科疾患の多くは、ブラキシズムとの関連性が高い。 睡眠ブラキシズム時の咬合力は不随意運動である...
【2016年4月28日】
講演会を茨城にて行ってきました。皆さん真面目でとても熱心でした。講演会の時間割を頂いたのでその通りに...
点線
富士見歯科医院のご紹介
富士見歯科医院
ブログはこちら。
院長の研究実績はこちら。
院長の講演・講習はこちら。
 
午前診療
歯科・歯医者
(8:30-12:30)
× ×
午後診療
歯科・歯医者
(14:30-18:00)
× ×
※日曜・祝祭日は休診です。

板橋の歯科・歯医者 富士見歯科医院

〔住所〕
〒173-0001
東京都板橋区本町40-9-1F
富士見歯科医院

〔アクセス〕
都営三田線板橋本町駅より徒歩5分

〔TEL〕
03-3961-8055

Copyright (C) 2011 板橋の歯科・歯医者 富士見歯科医院 All Rights Reserved