東京歯科大学水道橋病院・帝京大学病院(板橋)・日本歯科大学(板橋)・東京都豊島病院・東京都老人医療センター・東京都大塚病院

小野寺医院長の研究実績

原著論文8編(うち英文:4編)

1)小野寺寛司, 川越俊美, 佐藤貞雄:ストレスと脳と咬合 ブラキシズムの臨床的診断.神奈川歯学38(4),185-187,2003.

2)小野寺寛司, 川越俊美, 笹栗健一, 佐藤貞雄睡眠ブラキシズム時の咬合評価のための簡易装置(ブラックスチェッカー)の開発.神奈川歯学39(4),133-138,2004(学位論文)

3)Onodera K, Kawagoe T, Sasaguri K, Protacio-Quismundo C, Sato S. Evaluation of the condylar movements in healthy and symptomatic temporomandibular joint patients during mastication and simulated bruxism utilizing condylograph. Stomatologie,101.8: 187-190, 2004.

4)小野寺寛司, 川越俊美, 石井秀典, 中島仰, 三宅真次郎, 岡村麻里, 高階博文, 岡田鈴人, 猿田樹里, 大塚剛郎, 天沼 崇, 菊池将弘, LeeTae Ki, 金子正明, 青木 聡, 牟田具城, 益田賢治, 鈴木恵子, 隈元孝子, 横山沙織, 鹿島長門, 松本伸一, 花島美和, 真鍋三有紀, 高木奈々, 笹栗健一, 佐藤貞雄:どこまでわかった,ストレスと咬合との関係 ブラキシズムの臨床診断および歯科疾患との関連.神奈川歯学39(4),183-187,2004.

5)小野寺寛司:睡眠ブラキシズム時の咬合接触の評価と咀嚼およびブラキシズム様運動における下顎頭運動解析.神奈川歯学 40(1) : 53-65, 2005.(学位論文)

6)Onodera K, Kawagoe T, Sasaguri K, Protacio-Quismundo C, Sato S. The use of a bruxchecker in the evaluation of different grinding patterns during sleep bruxism. Cranio. 24(4): 292-299. 2006.(学位論文)

7)Kawagoe T, Onodera K, Takashina H, Tokiwa O, Okamura M, Ishii H, Saruta J, Miyake S, Nakajima K, Okada S, Amanuma T, Kikuchi M, Sasaguri K, Akimoto S, Sato S. An investigation of the temporomandibular dysfunction and occlusion based on bruxism. The Bulletin of Kanagawa Dental College 34(2), 139-141, 2006.(原著)

8)Kawagoe T, Onodera K, Nakajima K, Okada S, Otsuka T, Amanuma T, Okamura M, Sasaguri K, Akimoto S, Sato S. Oral health status and occlusion pattern in healthy Japanese subjects with sleep bruxism. The Bulletin of Kanagawa Dental College 36(2), 39-45, 2008. 原著論文

臨床論文および症例報告4編(うち英文:2編、ドイツ文2編)

1)Sato S, Jeong-ll Kim, Keun-Man Kim, Tokiwa O, Yoshimi H, Onodera K, Sasaguri K. Significance of early orthodontic treatment of malocclusion with dysfunction in the craniomandibular system. Bulletin of Kanagawa Dental College. 32:37-48, 2004.

2)Shinji H, Hiyama T, Yamaguchi M, Onodera K, Sato S. Frühmaßnahmen bei dekompensierter Klasse-III-Malokklusion im frühen Wechselgebiss. Information aus Orthodontie und Kieferorthopadie, 37, 136-142, 2005. DOI: 10.1055/s-2005-836581

3)Shinji H, Hiyama T, Yamaguchi M, Onodera K, Sato S. Interception of decompensated class III malocclusions in early mixed dentition. Bulletin of Kanagawa Dental College, 35(1), 105-109, 2007.

4)Onodera K, Čelar A, Bantleon H-P, Sato S. Festsitzende Behandlung einer Klasse-III-Malokklusion mit anterior offenem Biss ohne orthognathe Chirurgie (Orthodontic treatment of class III open bite malocclusion without orthognathic surgery). Informationen aus Orthodontie und Kieferorthopaedie, 40, 35-43, 2008. DOI: 10.1055/s-2008-1004757

総説および解説論文4編(うち英文:2編)

1)佐藤貞雄,堀 紀雄,笹栗健一,石井秀典,李 昌一,小野寺寛司,玉城勝司:ストレス発散機能としてのブラキシズムと歯科疾患予防のための咬合学-これからの咬合医学研究のために-.日本歯科評論63(7),137-148,2003.

2)Sato S, Onodera K, Takashina H, Hori N, Sato S. A consideration of posterior discrepancy in cases of crowding malocclusion: Implications for orthodontic treatment. The Bulletin of Kanagawa Dental College 31(2), 131-141, 2003.(症例報告・原著)

3)Sato S, Kim J-I, Kim K-M, Tokiwa O, Yoshimi H, Onodera K, Sasaguri K. Early orthodontic treatment of malocclusion with dysfunction in the craniomandibular system. The Bulletin of Kanagawa Dental College 32(1), 37-48, 2004.(解説論文)

4)小野寺寛司,川越俊美,笹栗健一,佐藤貞雄:ブラキシズムの臨床診断.日本歯科評論,65(8),76-83,2005.

学会発表21編(うち英文:2編)

1)高瀬保晶,小野寺寛司,梶井泰樹,酒井義仁,塚本 良,益井孝文,平井義人:齲蝕診断装置Diagnodent応用に関する基礎的研究.歯科学報99(6),530,1999.

2)高瀬保晶,小野寺寛司,梶井泰樹,酒井義仁,塚本 良,益井孝文,牛木猛雄,平井義人:齲蝕診断装置Diagnodent応用に関する基礎的研究.歯科学報99(6),530,1999.

3)石川達也,平井義人,小野寺寛司,高橋 賢,村田有史,佐藤 亨,吉田 実,吉田友明:体重4分割連続値のプレスケール応用による咬合接触状態との関連について.歯科学報99(11),1084,1999.

4)川越俊美,小野寺寛司,佐藤貞雄:睡眠ブラキシズム時のグラインディング運動パターンの分析.神奈川歯学 37(抄録集),77,2002.

5)小野寺寛司,岡村麻里,石崎利香,藤井範久,笹栗健一,佐藤貞雄:Bruxcheckerを用いたブラキシズム運動の簡易採得法.神奈川歯学,38(抄録集),44,2003.

6)小野寺寛司,川越俊美,佐藤貞雄:公開シンポジウム ブラキシズムの臨床的診断,神奈川歯学,38,185-186,2003.

7)佐藤貞雄,小野寺寛司,常盤 修,猿田樹里,白数明義,進士久明,須賀弘子,山口三菜,檜山雄彦,杉村和昭:咬合高径と咬合平面のコントロールによる新しい咬合誘導法(I) 概念と処置法.小児歯科学雑誌42(2),315,2004.

8)進士久明,須賀弘子,山口三菜,檜山雄彦,杉村和昭,佐藤貞雄,小野寺寛司,常盤 修,猿田樹里,白数明義:咬合高径と咬合平面のコントロールによる新しい咬合誘導法(II) 臨床症例.小児歯科学雑誌42(2),316,2004.

9)進士久明,檜山雄彦,松原 聡,山口三菜,小野寺寛司,常盤 修,猿田樹里,白数明義,佐藤貞雄:咬合高径と咬合平面のコントロールによる新しい咬合誘導法.神奈川歯学,39(抄録集),41,2004.

10)小野寺寛司,川越俊美,笹栗健一,佐藤貞雄:睡眠ブラキシズム時の咬合評価のための簡易装置の開発.神奈川歯学,39(抄録集),45,2004.

11)小野寺寛司,川越俊美,笹栗健一,佐藤貞雄:顎関節の健常者および有症状者における咀嚼およびブラキシズム時の下顎頭運動パターン.神奈川歯学,39(抄録集),72,2004.

12)小野寺寛司,川越俊美,石井秀典,中島 仰,三宅真次郎,岡村麻里,高階博文,岡田鈴人,猿田樹理,大塚剛郎,天沼 崇,菊池将弘,Lee T-K,ほか:公開シンポジウム ブラキシズムの臨床診断および歯科疾患との関連.神奈川歯学 39,183-187,2004.

13)川越俊美,小野寺寛司,高階博文,常盤 修,岡村麻里,石井秀典,猿田樹理,三宅真次郎,中島 仰,岡田鈴人,天沼 崇,菊池将弘,笹栗健一,秋本 進,佐藤貞雄:顎機能検査を応用した歯科検診による顎機能障害の実態調査.神奈川歯学,40(抄録集),60,2005.

14)川越俊美,小野寺寛司,笹栗健一,佐藤貞雄:簡易ブラキシズム評価装置(ブラックスチェッカー)による睡眠ブラキシズム時の咬合接触の検討.東京矯正歯科学会雑誌15(2),197,2005.

15)川越俊美, 小野寺寛司, 高階博文, 常磐 修, 岡村麻里, 石井秀典, 猿田樹理, 三宅真次郎, 中島 仰, 岡田鈴人, 天沼 崇, 菊池将弘, 笹栗健一, 秋本 進, 佐藤貞雄:睡眠ブラキシズム時の非作業側の咬合接触と顎関節疾患の発現についての検討.日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集65回,200,2006.

16)川越俊美, 小野寺寛司, 高階博文, 常磐修, 岡村麻里, 石井秀典, 猿田樹理, 三宅真次郎, 中島仰, 天沼崇, 菊池将弘, 笹栗健一, 秋本進, 佐藤貞雄:顎機能検査、ブラックスチェッカーを応用した歯科検診 睡眠ブラキシズム時の咬合接触と歯科疾患との関係について.神奈川歯学41(抄録集),23,2006.

17)Onodera K, Kawagoe T, Sasaguri K, Sato S. Sleep bruxism evaluated by newly developed simple devise BruxChecker. European Orthodontics society 2006.

18)川越俊美, 小野寺寛司, 高階博文, 常磐修, 岡村麻里, 石井秀典, 猿田樹理, 三宅真次郎, 中島仰, 岡田鈴人, 天沼崇, 大塚剛郎, 笹栗健一, 秋本進, 佐藤貞雄一般集団における不正咬合、顎関節疾患、咬合様式調査報告.神奈川歯学,42(抄録集),75,2007.

19)Onodera K, Čelar A, Bantleon H-P, Sato S. Importance of changing the inclination of the occlusal plane for correction of class II malocclusion. European Orthodontics society 2007.

20)児玉拓郎, 小野寺寛司, 笹栗健一, 佐藤貞雄, 塗々木和男, 吉成正雄:プラズマ処理簡易型咬合接触解析装置を用いた歯周病の診断の試み.日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集67回,229,2008.

21)児玉拓郎, 小野寺寛司, 笹栗健一, 塗々木和男, 吉成正雄, 佐藤貞雄:プラズマ処理簡易型咬合接触解析装置を用いた歯周病の診断の試み.神奈川歯学,43(抄録集),41,2008.

はじめての方はこちら。
求人案内はこちら。
富士見歯科院長 活動報告
【2016年4月28日】
講演会を茨城にて行ってきました。皆さん真面目でとても熱心でした。講演会の時間割を頂いたのでその通りに...
【2016年4月28日】
熱心な先生方と一日公演いたしました。年配の方も多く、若手の先生も多く、少し様子を見て内容を変えて公演...
点線
富士見歯科医院のご紹介
富士見歯科医院
ブログはこちら。
院長の研究実績はこちら。
院長の講演・講習はこちら。
 
午前診療
歯科・歯医者
(8:30-13:00)
×
午後診療
歯科・歯医者
(14:30-18:00)
×
※日曜・祝祭日は休診です。

板橋の歯科・歯医者 富士見歯科医院

〔住所〕
〒173-0012
東京都板橋区本町40-9-1F
富士見歯科医院

〔アクセス〕
都営三田線板橋本町駅より徒歩5分

〔TEL〕
03-3961-8055

Copyright (C) 2011 板橋の歯科・歯医者 富士見歯科医院 All Rights Reserved