東京歯科大学水道橋病院・帝京大学病院(板橋)・日本歯科大学(板橋)・東京都豊島病院・東京都老人医療センター・東京都大塚病院

虫歯治療

虫歯といっても、初期段階の削らず治療出来るCO(シーオー)と呼ばれるものから、積極的な治療が必要となるC1~C4と呼ばれるものがあります。
比較的初期段階(C1~C2)では、歯の神経を残したまま、虫歯を取り除き詰め物をします。
さらに進行した虫歯(C3~C4)では、神経の治療が必要となってきます。

初期段階の虫歯(CO~C2)の治療

ごく初期の虫歯(CO)であれば予防処置とプラークコントロールで再石灰化による治癒が期待できます。

そこから更に進行(C1)すると、虫歯を削り取りとる必要があります。削り取った後は、詰め物などで元どおりの形に修復します。

更に虫歯の範囲が大きくなる(C2)と、虫歯を含めやや広範囲に歯を削り、型をとった後詰め物を作り、それを詰める治療を行います。

初期段階の虫歯(CO~C2)の治療

重症な虫歯(C3~C4)の治療

虫歯が歯の神経までに達した場合や強い痛みをともなう場合、神経を取り除く治療が必要となります。
まずは神経を取り除き、その空いたスペースを専用の詰め物で封鎖します。
神経を取った後の歯は、健全歯に比べて強度が劣るため、金属クラウンやセラミッククラウンなどで強度を増す必要があります。

この治療は、歯の健康の今後を大きく左右する治療です。
この治療をきちんと行わないと、その後の歯の治療に影響するだけでなく、抜歯などの事態に陥ることもあるため、しっかりと治療を行いましょう。

はじめての方はこちら。
富士見歯科院長 活動報告
【2018年9月12日】
歯科疾患の多くは、ブラキシズムとの関連性が高い。 睡眠ブラキシズム時の咬合力は不随意運動である...
【2016年4月28日】
講演会を茨城にて行ってきました。皆さん真面目でとても熱心でした。講演会の時間割を頂いたのでその通りに...
点線
富士見歯科医院のご紹介
富士見歯科医院
ブログはこちら。
虫歯治療は院長の研究実績はこちら。
虫歯治療は院長の講演・講習はこちら。
 
午前診療
歯科・歯医者
(8:30-12:30)
×
午後診療
歯科・歯医者
(14:30-18:00)
×
※日曜・祝祭日は休診です。

虫歯治療は板橋の歯科・歯医者 富士見歯科医院

〔住所〕
〒173-0001
東京都板橋区本町40-9-1F
富士見歯科医院

〔アクセス〕
都営三田線板橋本町駅より徒歩5分

〔TEL〕
03-3961-8055

Copyright (C) 2011 板橋の歯科・歯医者 富士見歯科医院 All Rights Reserved