東京歯科大学水道橋病院・帝京大学病院(板橋)・日本歯科大学(板橋)・東京都豊島病院・東京都老人医療センター・東京都大塚病院

親知らず!!!!

カテゴリー: ブログ   パーマリンク

こんにちは!

最近は寒くなってきましたね(﹡ˆoˆ﹡)

季節の変わり目は風邪をひきやすいようなので

皆さん気をつけましょうね?

 

 

 

今日は親知らずについて説明します♪

 

 

Q親知らずは誰にでも

必ず生えてくるものなの?

A 必ずではありません。

生えてくる方もいれば、

親知らずがない方もいます。

骨の中にあってもずっと出てこない歯、

少しだけ出てくる歯、

普通の歯のようにキレイに出てくる歯など、

人によってその部位によっても様々です。

 

 

Qいつ頃生えてくるの?

A 親知らずは、平均的には20歳前後で

生え始めます。

しかし、これにも個人差があります。

 

 

Q親知らずは抜いたほうが良いの?

A 親知らずは生えてくるためのスペースが

ないと斜めに生えてきたり、

横向きに生えてきたりしてしまいます。

そのような場合、他の健康な歯に悪影響を

与えてしまう可能性があります。

また、親知らずは奥にあるため磨きずらく、

その結果むし歯になりやすいのです。

キレイに生えてきてくれる親知らずであれば

そのまま残しておいてよいものもありますが、

悪さをしていたり、

今後悪さをする可能性がある歯であれば、

早いうちからの抜歯をお勧めいたします。

 

img_4005

 

Q抜いた後は腫れるの?ご飯は食べれる?

A 下の埋まってしまっている親知らずを抜く場合、

骨を削ったりすることがあるのですが、

その場合抜歯後2~3日をピークにして

かなり腫れる可能性があります。

しっかりと生えている歯の抜歯だと、

腫れることもありますが、

比較的腫れの心配は少ないです。

 

 

 抜歯後食事をしていただいても

問題はありません。

しかし麻酔が効いている間は、

ほっぺたや唇を噛んでしまっても

気づかなかったり、

火傷をすることもありますので、

麻酔がきれてからの方が望ましいです。

 

なんとなく親知らずについてわかりましたか?

これはどうなの?など、

わからない方がいましたら

気軽にお聞きください\( ˆoˆ )/♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

はじめての方はこちら。
求人案内はこちら。
富士見歯科院長 活動報告
【2016年4月28日】
講演会を茨城にて行ってきました。皆さん真面目でとても熱心でした。講演会の時間割を頂いたのでその通りに...
【2016年4月28日】
熱心な先生方と一日公演いたしました。年配の方も多く、若手の先生も多く、少し様子を見て内容を変えて公演...
点線
富士見歯科医院のご紹介
富士見歯科医院
ブログはこちら。
院長の研究実績はこちら。
院長の講演・講習はこちら。
 
午前診療
歯科・歯医者
(8:30-13:00)
×
午後診療
歯科・歯医者
(14:30-18:00)
×
※日曜・祝祭日は休診です。

板橋の歯科・歯医者 富士見歯科医院

〔住所〕
〒173-0012
東京都板橋区本町40-9-1F
富士見歯科医院

〔アクセス〕
都営三田線板橋本町駅より徒歩5分

〔TEL〕
03-3961-8055

Copyright (C) 2011 板橋の歯科・歯医者 富士見歯科医院 All Rights Reserved