東京歯科大学水道橋病院・帝京大学病院(板橋)・日本歯科大学(板橋)・東京都豊島病院・東京都老人医療センター・東京都大塚病院

歯の神経

カテゴリー: ブログ   パーマリンク

歯の神経は残っていた方が歯は丈夫です。もちろん神経がダメになったからと言ってもたないという訳でもありません。ここで変なのが、神経ギリギリの虫歯の場合ギリギリまでとってそこで薬を一度おいて様子をみて平気であれば神経をとらずに治療を続行します。しかし最初から残せる可能性があっても一気に神経をとってしまった方が保険の点数は高いのです。歯の為にはいいのに、、、、、ちなみに僕は点数が低くなって来院回数が増えてしまっても残す様にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

はじめての方はこちら。
富士見歯科院長 活動報告
【2018年9月12日】
歯科疾患の多くは、ブラキシズムとの関連性が高い。 睡眠ブラキシズム時の咬合力は不随意運動である...
【2016年4月28日】
講演会を茨城にて行ってきました。皆さん真面目でとても熱心でした。講演会の時間割を頂いたのでその通りに...
点線
富士見歯科医院のご紹介
富士見歯科医院
ブログはこちら。
院長の研究実績はこちら。
院長の講演・講習はこちら。
 
午前診療
歯科・歯医者
(8:30-12:30)
×
午後診療
歯科・歯医者
(14:30-18:00)
×
※日曜・祝祭日は休診です。

板橋の歯科・歯医者 富士見歯科医院

〔住所〕
〒173-0001
東京都板橋区本町40-9-1F
富士見歯科医院

〔アクセス〕
都営三田線板橋本町駅より徒歩5分

〔TEL〕
03-3961-8055

Copyright (C) 2011 板橋の歯科・歯医者 富士見歯科医院 All Rights Reserved